領収書等の購入金額の税率10%分と8%分の内訳を一瞬で計算する方法

今年も確定申告の時期が近づいてきました。

経理の仕事をされている方は、お客さんから預かった領収書を見て経費の金額を計算することになると思いますが、以下のような領収書を目にしたことはありませんか?

内訳の記載がない領収書

これを見て、イラッとされた方も多いんじゃないでしょうか?

まず「お品代てなんやねん!何買ったのかわからんわ!」となります。さらに、軽減税率制度が導入されたにもかかわらず、消費税額が10%対象なのか8%対象なのか書いてありません。しかも宛名も「上様」です。

ビリビリに破くか、くしゃくしゃに丸めて窓からポイっと投げたくなりますよね。

ちなみに僕は今年の初詣で「消費税の内訳書かずに品代と書いて領収書渡してくるお店が絶滅しますように」とお祈りしてきました。

軽減税率がスタートした令和元年10月1日以後は、消費税の10%対象分と8%対象分を区分して記載する区分記載請求書等を交付しなければならないこととなりましたが、実態としては消費税の内訳が書かれていないことが多くあります。

しかし、そのような場合でも消費税の10%対象品目と8%対象品目の金額の内訳を計算できる方法を考案いたしました!

今回は、領収書等に記載された購入金額の消費税率10%分と8%分の内訳を一瞬で計算する方法をご紹介したいと思います。

 

スポンサーリンク

消費税÷購入金額=0.0740740…となる場合はすべて軽減税率8%対象

まず、消費税額を税込購入金額で割ってみて、計算結果が「0.074074074…」と小数点以下が「074」の循環小数になる場合は、購入品はすべて軽減税率8%対象になります。

本体価格をXとすると、消費税額は0.08X、税込購入金額は1.08Xとなるため、消費税額を税込購入金額で割ると

0.08X ÷ 1.08X = 0.074074…

となるため、計算結果が「0.074074074…」となる場合は、購入品はすべて軽減税率8%対象であるとわかります。

例えば、以下のような領収書の場合、消費税額を税込購入金額で割ると、

2,148円 ÷ 28,988円 = 0.0740740…

となるため、購入品はすべて軽減税率8%対象であるとわかります。

購入品がすべて軽減税率8%対象の場合の領収書

この場合の仕訳は、次のようになります。(購入品が「仕入」の場合)

購入品がすべて8%対象の場合の仕訳

 

消費税÷購入金額=0.090909…となる場合はすべて標準税率10%対象

次に、消費税額を税込購入金額で割ってみて、計算結果が「0.09090909…」と小数点以下が「09」の循環小数になる場合は、購入品はすべて標準税率10%対象になります。

本体価格をYすると、消費税額は0.1Y、税込購入金額は1.1Yとなるため、消費税額を税込購入金額で割ると

0.1Y ÷ 1.1Y = 0.090909…

となるため、計算結果が「0.09090909…」となる場合は、購入品はすべて標準税率10%対象であるとわかります。

例えば、以下のような領収書の場合、消費税額を税込購入金額で割ると、

3,864円 ÷ 42,504円 = 0.09090909…

となるため、購入品はすべて標準税率10%対象であるとわかります。

購入品がすべて標準税率10%対象の場合の領収書

この場合の仕訳は、次のようになります。(購入品が「仕入」の場合)

 

スポンサーリンク

10%対象品目と8%対象品目が混ざっている場合

さて、ここからが本題です。

消費税額を購入金額で割った計算結果が「0.0740740…」にも「0.090909…」にもならない場合はどうすればいいのでしょうか?

内訳の記載がない領収書

例えば、冒頭文でも例示した領収書↑について、消費税額を購入金額で割ると

920円 ÷ 10,920円 = 0.08424908…

となり、「0.0740740…」にも「0.090909…」にもなりません。

このような場合は、8%対象品目と10%対象品目が混在しているということになります。

「これじゃあ内訳はもうわからないな・・・」と思う方も多いかと思いますが、まだ諦めてはいけません!

以下の方法で計算すれば、領収書に内訳が書いてなくても自分で内訳を求めることができます。

8%対象品目の購入金額 = 税込購入金額 × 5.4 - 消費税額 × 59.4
10%対象品目の購入金額 = 税込購入金額 - 上記で求めた8%対象品目の購入金額
(または、10%対象品目の購入金額 = 消費税額 × 59.4 - 税込購入金額 × 4.4 )

この方法に基づいて、上記の領収書の金額の8%対象品目と10%対象品目の内訳を計算してみましょう。

8%対象品目の購入金額 = 10,920円 × 5.4 - 920円 × 59.4 = 4,320円

10%対象品目の購入金額は全体価格から8%対象品目の購入金額を引いて、10,920円 - 4,320円 = 6,600円 と求めることができます。

(別解:10%対象品目の購入金額 = 4,320円 × 59.4 - 10,920円 × 4.4 = 6,600円

たったこれだけです。電卓を使って一瞬で計算することができます。電卓がなくても筆算で計算できるレベルです。

なお、記載事項が満たされていない区分記載請求書等の交付を受けた場合は、追記を行うことが認められています。(この点について詳しくは以下の記事をご覧ください。)

したがって、8%対象品目の購入金額は4,320円、10%対象品目の購入金額は6,600円とわかったため、領収書には以下のように追記しましょう。

内訳の記載がない領収書の追記例

この場合の仕訳は、以下のようになります。

8%対象と10%対象が混在している場合の仕訳

これで、内訳の記載がなくても自分で計算することができます。

(注)この方法は、購入金額に不課税仕入れ、非課税仕入れ又は免税仕入れとなるものが含まれていないことが前提となります。

商品券の購入費用など課税仕入れにならないものが含まれている場合は、この方法で計算することはできないので注意しましょう。

ただし、課税仕入れにならない金額がいくらなのかわかる場合は、全体額からその金額を引いた残りの金額について上記の方法を用いれば8%対象と10%対象の内訳を計算することができます。

注意点
消費税額について端数処理が行われている場合は、元の購入金額を正確に計算することはできません。
しかし、この記事で紹介した方法で計算した金額は、数学的に推定される範囲内の最も不利な金額の組み合わせを選択していることになるため、その金額を課税仕入れとしても税務上問題になる可能性は低いものと考えられます。
この点に関しては、詳しくは次の記事をご覧ください。

 

計算式の導出方法

税込購入金額をA円とし、全体のうちに8%対象品目の購入金額が占める割合をXとすると、8%対象品目の購入金額と10%対象品目の購入金額はそれぞれ次のように表すことができます。

8%対象品目の購入金額の数式

10%対象品目の購入金額の数式

また、8%対象品目の消費税額はAXを1.08で割って0.08をかけ、10%対象品目の消費税額はA(1-X)を1.1で割って0.1をかけるため、それぞれ次のように表すことができます。

8%対象品目の消費税額の数式

10%対象品目の消費税額の数式

消費税額が購入金額に占める割合Pは、次のように表せます。

Pの計算式

これをXについて解いて整理すると、次のようになります。

Xの計算式

したがって、購入金額全体に占める8%対象品目の割合Xは(5.4- 59.4P)となります。

これを、Axに代入すると、8%対象品目の購入金額が求められます。APは消費税額を意味します。

8%対象品目の購入金額が求められたら、10%対象品目の購入金額は全体の購入金額から8%対象品目の購入金額を引くだけで求めることができます。

よって、下記のような公式が成り立ちます。

8%対象品目の購入金額 = 税込購入金額 × 5.4 - 消費税額 × 59.4
10%対象品目の購入金額 = 税込購入金額 - 上記で求めた8%対象品目の購入金額

なお、10%購入品目の購入金額から先に求める方法も、上記と同様の考えで導出できます。

税込購入金額をA円とし、全体のうちに10%対象品目の購入金額が占める割合をyとすると、8%対象品目の購入金額と10%対象品目の購入金額はそれぞれ次のように表すことができます。

8%対象品目の購入金額の数式

10%対象品目の購入金額の数式

また、8%対象品目の消費税額はA(1-y)を1.08で割って0.08をかけ、10%対象品目の消費税額はAyを1.1で割って0.1をかけるため、それぞれ次のように表すことができます。

8%対象品目の消費税額の数式

10%対象品目の消費税額の数式

消費税額が購入金額に占める割合Pは、次のように表せます。

Pの計算式

これをyについて解いて整理すると、次のようになります。

Yの計算式

したがって、購入金額全体に占める10%対象品目の割合yは(59.4P- 4.4)となります。

これを、Ayに代入すると、10%対象品目の購入金額が求められます。

10%対象品目の購入金額が求められたら、8%対象品目の購入金額は全体の購入金額から10%対象品目の購入金額を引くだけで求めることができます。

よって、10%対象品目の購入金額から先に求める場合は、下記のような公式が成り立ちます。

10%対象品目の購入金額 = 消費税額 × 59.4 - 税込購入金額 × 4.4
8%対象品目の購入金額 = 税込購入金額 - 上記で求めた10%対象品目の購入金額

 

まとめ

今回ご紹介した方法は、僕が実際に経理の仕事をしている時に消費税額の内訳の記載がない領収書を見て、何とかして8%対象と10%対象の金額を導き出すことができないかと考えた結果思いついた方法です。

軽減税率制度がスタートしてからまだ日が浅く、8%の商品と10%の商品が混在しているのに消費税額の内訳が書かれていない領収書が交付されることもまだまだ多いと思いますので、内訳がわからなくて困った時は、ぜひこの記事でご紹介した方法を活用してみてください!

 

スポンサーリンク
その隙間時間、もったいないと思いませんか?

通勤・通学中などの隙間時間は、有効に使えていますか?1日にしたらたった数十分程度の時間でも、塵も積もれば山となって膨大な時間となります。もし1日30分の隙間時間があったとしたら、1年に換算すると182.5時間になります。これだけの時間を有効活用することができたら、非常に大きなアドバンテージとなります。

消費税法一問一答アプリでは、隙間時間を有効活用して消費税の課否判定のトレーニングができるのはもちろん、アプリケーションプログラムを利用して短時間で多くの問題を解くことができるため、紙ベースの問題集よりもはるかに高い効率性で消費税の学習ができます!

おすすめ記事