税理士試験はまだ延期される可能性がある?国税庁HPに不安な一文が…

4月3日、官報に令和2年度(第70回)税理士試験公告がされました。

今年は新型コロナウイルスの影響でオリンピックも延期になってしまった中、税理士試験も延期または中止されるんじゃないかと不安視する声が多く聞かれましたが、なんとか予定通り実施されることとなりホッとした方も多いかと思います。

しかし、国税庁のホームページで少し不安になる一文を見つけてしまいました・・・。

 

スポンサーリンク

令和2年度(第70回)税理士試験の試験日時及び試験科目

令和2年度(第70回)税理士試験は、予定通りであれば、以下の要領で行われます。

令和2年8月18日(火)
午前9時から同11時まで 簿記論
午後0時30分から同2時30分まで 財務諸表論
午後3時30分から同5時30分まで 消費税法又は酒税法
令和2年8月19日(水)
午前9時から同11時まで 法人税法
正午から午後2時まで 相続税法
午後3時から同5時まで 所得税法
令和2年8月20日(木)
午前9時から同11時まで 固定資産税
正午から午後2時まで 国税徴収法
午後3時から同5時まで 住民税又は事業税
(注)

1 解答に当たり適用すべき法令等は、令和2年4月3日(金)現在施行のものとする。
2 試験科目のうち住民税とは、地方税法のうち道府県民税(都民税を含む。)及び市町村民税(特別区民税を含む。)に関する部分を呼称したものである。

普段は8月の上旬に行われることが多いのですが、今年はオリンピックの開催が予定されていたため、普段よりも遅めの日程となっています。

 

税理士試験実施スケジュールについて(予定)

国税庁のホームページを見ると、今年だけ「令和2年度(第70回)税理士試験実施スケジュールについて(予定)」というページがありました。

その内容は次のようになります。

令和2年度(第70回)税理士試験は、次の日程により実施する予定です。

項目日程
試験実施官報公告令和2年4月3日
受験申込受付開始令和2年5月7日
受験申込受付締切令和2年5月19日
試験実施令和2年8月18日~令和2年8月20日
合格発表令和2年12月18日

※ 日程については、今後変更される場合があります。また、受験願書の提出方法については、郵送のみ(一般書留、簡易書留又は特定記録郵便)となりますので、御注意ください。詳細については必ず官報公告または当該官報公告以後配布される受験案内により確認してください。

おわかりいただけたでしょうか?

なんと注書きで「日程については、今後変更される場合があります。」という今まで見たことのない一文が追加されていました!

めちゃくちゃ重要なことなのに、上記一文は官報には記載されていませんでした!ナンテコッタ/(^o^)\

URLはこちら→ https://www.nta.go.jp/taxes/zeirishi/zeirishishiken/schedule/2020.htm

 

スポンサーリンク

延期になる可能性も視野に入れて受験対策を

こんな重要なことを官報に載せずにホームページの端っこにチョロっと書くだけで済ます意味が分からないのですが、今後の感染拡大状況次第では試験日程が延期になる可能性も十分あり得るということです。

ただし、少なくとも、延期になったとしても今年度分の試験が中止になることだけはきっとないだろうと思いますので、そこだけは安心して大丈夫だと思います。

このまま感染が収まり、予定通りの日程で無事試験が実施されることを願いたいのですが、万が一のことも考えて試験日程が延期になった場合の事態も想定して試験勉強のスケジュールを立てておく方が良いでしょう。

決して不安を煽りたいわけでも混乱を招きたいわけでもありませんが、試験日程の延期の可能性を匂わせるような注書きがある以上、最悪の事態にも備えておく必要があることを伝えたいと思い記事をしたためました。

とはいえ、試験対策をするにも、まずは健康があってこそです。今は無理をせず健康を第一に考え、どうぞお体に気をつけてお過ごしください。

 

(追記)

4月13日に、国税庁のホームページで新型コロナウイルスの影響で試験が延期される可能性があることが改めて告知されました。

令和2年度(第70回)税理士試験については、現時点では予定通りの日程(8月18日(火)~同月20日(木))で実施する予定ですが、今後の新型コロナウイルス感染症を巡る状況の変化等に鑑み、実施方針等に変更が生じた場合には、本ホームページに掲載してお知らせいたします。

※ 実施方針等に関して、国税審議会や国税局等へのお問合せは、ご遠慮いただきますようお願いいたします。

延期が決定された場合は国税庁のホームページで発表があるようです。

 

スポンサーリンク
その隙間時間、もったいないと思いませんか?

通勤・通学中などの隙間時間は、有効に使えていますか?1日にしたらたった数十分程度の時間でも、塵も積もれば山となって膨大な時間となります。もし1日30分の隙間時間があったとしたら、1年に換算すると182.5時間になります。これだけの時間を有効活用することができたら、非常に大きなアドバンテージとなります。

消費税法一問一答アプリでは、隙間時間を有効活用して消費税の課否判定のトレーニングができるのはもちろん、アプリケーションプログラムを利用して短時間で多くの問題を解くことができるため、紙ベースの問題集よりもはるかに高い効率性で消費税の学習ができます!

おすすめ記事