消費税率判定トレーニング 税率判定一覧集

消費税率判定トレーニング 税率判定一覧集

軽減税率の適用判定に特化した新アプリ「消費税率判定トレーニング」の収録問題全1,100問が大好評につき書籍化されました!

ページ数:408ページ
[販売価格]
印刷版:3,080円(送料・消費税込)
電子書籍版:1,250円(消費税込)

 

内容紹介

クイズゲーム感覚で楽しく消費税の適用税率の判定トレーニングができるスマホアプリ「消費税率判定トレーニング」の収録問題1,100問が書籍化されました!

令和元年10月から日本で初めて導入されることとなった消費税の「軽減税率」に関する問題を中心に、日常生活で役立つ問題から実務や税理士試験でも役立つ専門的な問題まで幅広く収録しています。

専門家や実務家の方だけでなく、一般の方にも楽しんでいただけるよう、なるべく堅苦しい表現は避け、ユーモアに溢れた面白い問題も多数収録しております。

もちろん、本書のみでも消費税の適用税率の知識を体系的に深めることができますが、本書はアプリの内容とリンクしているため、アプリで間違えた問題を書籍で見直して復習したり、「知識のインプットは書籍で、アウトプットのトレーニングはアプリで」と使い分けることによってさらに効率的に学習することができます。

「アプリと書籍の連携」という今までにない新しい発想による勉強法の効率性を是非実感してみてください。

【本のサイズ】
本書のサイズはB5サイズ(182 mm × 257 mm)です。

【こんな方にオススメ】
・日常生活で必要な消費税の知識を学習したい方
・買い物でなるべく節約したい方
・軽減税率制度について詳しく知りたい方
・消費税法に興味がある方
・企業や個人事業者の経理担当者
・会計事務所職員
・税理士試験、公認会計士試験、FP技能士試験など資格試験の受験生
・現役の税理士、公認会計士、FP技能士などの専門家

 

目次

【物品販売業】
・スーパー
・コンビニ
・薬局
・駄菓子屋
・酒屋
・新聞配達店
・ネット通販
・自動販売機
・デパート
・家電量販店
・ディスカウントストア
・CDショップ
・本屋
・文房具店
・金券ショップ
・化学製品製造業者
・釣り具屋
・園芸用品店
・ペットショップ
・漁港
・農家
・ホームセンター
・100円ショップ
・アイスクリーム店
・宝くじ売り場
・免 税 店(Tax-Free)
・免 税 店(Duty-Free)
・沖縄型特定免税店
・到着時免税店
・OEM業者
・自動車ディーラー
・ガソリンスタンド
・食品サンプル業者
・石焼きいも屋
・転売屋
・フリーマーケット
・ネットオークション
・ゲームデータ買取業者

【サービス業】
・ファミレス
・牛丼屋
・ハンバーガー店
・喫茶店
・ネットカフェ
・寿司屋
・ピザ屋
・居酒屋
・フードコート
・カラオケ
・カレー屋
・定食屋
・そば屋
・屋台
・料亭
・ラーメン屋
・美容院
・銭湯
・温泉旅館
・ホテル
・民泊
・ゲームセンター
・遊園地
・動物園
・水族館
・博物館
・美術館
・ボーリング場
・ゴルフ場
・旅行代理店
・航空会社
・鉄道会社
・タクシー
・バス
・客船
・コインパーキング
・映画館
・ライブハウス
・スポーツジム
・雀荘
・競馬場
・パチンコ
・教習所
・野球場
・スキー場
・キャンプ場
・学習塾
・資格学校
・料理教室
・英会話教室
・ゲーム会社
・葬儀会社
・リフォーム会社
・マナー講師
・人材派遣会社
・運送業者
・税理士
・行政書士
・不動産鑑定士
・弁護士
・司法書士

【その他】
・神社
・お寺
・NHK
・PTA
・町内会
・政治団体
・同業者団体
・JAF
・銀行
・信用保証協会
・クレジット会社
・保険会社
・証券会社
・仮想通貨取引所
・病院
・歯科医院
・動物病院
・介護施設
・老人ホーム
・幼稚園
・保育園
・小学校
・中学校
・高校
・大学
・公的機関等
・火葬業者
・不動産会社
・税関
・新聞社
・出版社
・郵便局
・高速道路
・通信会社
・電力会社
・ガス会社
・水道局
・ウォーターサーバー会社
・IT企業
・飴細工職人
・漁協
・リース会社
・遺伝子工学研究所
・ハンター
・友人
・ニート
・株主
・保険加入者
・従業員
・怪しいおじさん
・同人サークル
・詐欺グループ
・ヤンキー
・着物レンタル業者
・自販機設置者
・財布を拾ってくれた人
・SNSのフォロワー
・消費者

 

著者紹介

税理士 川上 悠季

平成27年に税理士試験官報合格(合格科目は簿記論・財務諸表論・消費税法・法人税法・事業税の5科目)。

消費税法の受験勉強に専念していたときに自習用に作成した取引分類や課税仕入れの区分を覚えるための暗記カードからひらめきを得て「消費税法 無敵の一問一答」を開発。

現在は税理士業務のほか、大手資格学校の消費税法の教材制作や会計・税務関連書籍の執筆、ウェブコンテンツの制作など幅広く手掛けている。

 

その隙間時間、もったいないと思いませんか?

通勤・通学中などの隙間時間は、有効に使えていますか?1日にしたらたった数十分程度の時間でも、塵も積もれば山となって膨大な時間となります。もし1日30分の隙間時間があったとしたら、1年に換算すると182.5時間になります。これだけの時間を有効活用することができたら、非常に大きなアドバンテージとなります。

消費税法一問一答アプリでは、隙間時間を有効活用して消費税の課否判定のトレーニングができるのはもちろん、アプリケーションプログラムを利用して短時間で多くの問題を解くことができるため、紙ベースの問題集よりもはるかに高い効率性で消費税の学習ができます!