Pexels / Pixabay

先日、アメリカのロックバンド”Story Of The Year”の約6年ぶりとなる来日公演を見に行ってきました。

ゼロ年代を席巻したポストハードコア・スクリーモブームの全盛期にシーンを最前線で引っ張ってきた実力派バンドの代表格的存在である”Story Of The Year”のサウンドは、子供のころから夢中になって聴いていた僕にとって青春そのものといえます。

確定申告シーズン真っ只中の超繁忙期ではありますが、僕にとって現御神のような存在である”Story Of The Year”がアメリカから遠路はるばるわざわざ日本までご足労くださりご演奏あそばされるとあっては、行かないという選択肢はあり得ません。

浮足立ってライブハウスまで赴き、至福の音色に包まれている最中、あろうことかここでもまた職業病が発動してしまいました。「そういえばダンもライアンも非居住者だし、このライブって消費税法上の特定役務の提供に該当するのかな?だとしたらプロモーターはリバースチャージ方式による消費税の申告が必要じゃね?という疑問が頭をつきまとい、途中から集中して演奏を聴くことができませんでした。一生の不覚であります。

今回は、海外アーティストによる来日公演の出演料に係る消費税の取扱いについて解説したいと思います。

 

スポンサーリンク

リバースチャージ方式とは

消費税は、次の4要件を満たす取引が課税の対象となります。

課税の対象の4要件
① 国内において行うものであること
② 事業者が事業として行うものであること
③ 対価を得て行うものであること
④ 資産の譲渡・貸付け、役務の提供であること

上記要件の「② 事業者が事業として行うものであること」の「事業者」は国内事業者に限定するものではなく、たとえ非居住者である国外事業者であっても、課税事業者に該当するのであれば、上記4要件を満たす取引については消費税の納税義務を負います。

しかし、国外事業者による日本の消費税の申告は必ずしも徹底されておらず、海外のアーティスト等が日本で消費税の申告をせずに帰国してしまうケースが散見されていました。

そこで、平成27年税制改正で国境を越えた役務の提供に係る消費税の課税関係の見直しが行われ、国外事業者が日本国内で行う芸能・スポーツ等の役務の提供を「特定役務の提供」と位置づけ、国内事業者が特定役務の提供を受けた場合は、「リバースチャージ方式」による申告・納税義務が課されることとなりました。

「リバースチャージ方式」は、イメージとしては所得税の「源泉徴収」と似たような制度であり、国外事業者が申告をせずに帰国してしまっても徴税できるように、特定役務の提供を受ける国内事業者が国外事業者に報酬を支払う際は消費税等相当額を差し引いた金額を支払い、国外事業者の代わりに税務署に消費税を申告納付します。

 

国内プロモーターを介して行うライブは特定役務の提供に該当する

国外事業者が他の事業者に対して芸能・スポーツ等の役務の提供を行った場合に「特定役務の提供」に該当します。

したがって、海外のアーティストが国内のプロモーターを介してライブを行う場合は、役務の提供を受ける者が事業者であるため「特定役務の提供」に該当し、国内プロモーターはリバースチャージ方式による消費税の申告・納税義務を負います。

特定役務の提供に該当する場合

 

スポンサーリンク

直接ライブを行う場合は特定役務の提供に該当しない

国外事業者が不特定多数の者に対して芸能・スポーツ等の役務の提供を行った場合は「特定役務の提供」に該当しません。

したがって、海外のアーティストが国内のプロモーターを介さずに直接ライブを行う場合は、不特定多数の観客が役務の提供を受けることになるため、当該ライブは「特定役務の提供」に該当せず、海外アーティスト自身が消費税の申告・納税義務を負います。

特定役務の提供に該当しない場合

 

Story Of The Yearのライブは特定役務の提供に該当するのか

では、”Story Of The Year”のライブは消費税法上の特定役務の提供に該当するのかでしょうか?

この点については、大変申し訳ないのですが、僕なりに一生懸命調べたのですがわかりませんでした。。。

”Story Of The Year”は、現在アメリカのEpitaph Recordsというレーベルに所属しているのですが、当該レーベルが日本でライブを行う際に集客等を国内のプロモーターに委託しているのかどうかは、力及ばず判明しませんでした。。。

しかし、”Story Of The Year”のライブが特定役務の提供であろうがなかろうが、彼らの奏でる魂を震わせるサウンドが感動に値するものであることは揺るぎない事実であり、音楽も消費税もボーダーレスの時代になっていることを実感しました。

なお、数ある”Story Of The Year”の名曲の中でも特に好きな曲は”The Antidote”という曲↓です。取り返しのつかないことになりつつある地球環境汚染問題に対して警鐘を鳴らす曲です。もし興味がありましたら仕事や勉強の合間に是非聴いてみてください♪


出典:Story Of The Year - The Antidote

関連するアプリの問題

消費税法 無敵の一問一答

問題番号 タイトル
717 アメリカの映画俳優に支払う国内でのイベントの出演料

 

税務・会計の知識を活かせるオススメの転職サイト

あなたは今の職場の待遇に満足していますか?

今の職場に満足している方も不満がある方も、他社の求人の情報収集をしてみることでキャリアプランの視野は大きく広がります。

キャリアアップの第一歩は情報収集からです。あなたのスキルや経験を今よりも高く評価してくれる会社が見つかるかもしれません。

無料会員登録ができるオススメの転職サイト

数ある転職サイトの中でも、以下の転職サイトは税務・会計の知識を存分に発揮できる求人をたくさん取り扱っています。「今すぐ転職」とはいかなくても、まずは無料会員登録をして日頃から情報収集をしておくだけでも将来の選択肢は大きく広がります。

いずれも限定非公開求人を多く取り扱っているため、併用して広くアンテナを張っておくことをオススメします。

仕事や勉強が忙しくて転職活動に時間を割けないという方は、転職エージェントを活用してみましょう。

 

会計事務所への転職ならマイナビ税理士

大手転職サイトの「マイナビ」が運営する税理士業界に特化した転職サポートサービスです。

税理士有資格者だけでなく科目合格者に対するサポートも充実しており、勉強時間を確保しつつメインの税務業務にも携われる限定非公開求人の紹介を受けることもできます。

税理士業界でスキルアップしたい税理士・科目合格者の方にオススメです!


プレミアムな転職をサポート|管理部門特化型エージェントNo.1【MS-Japan】

楽天リサーチの調査で弁護士・公認会計士・税理士が利用したい転職エージェントNo.1に輝いた業界トップクラスの利用実績を誇る転職サイトです。

専門性の高い職種への転職サポートに特化しているため、スキルに合った最適なキャリアプランの提案を受けることができます。

一般企業の管理部門への転職を考えている税理士・公認会計士有資格者や税理士科目合格者の方にオススメです!

業界最大級の非公開求人数を誇る【リクルートエージェント】

リクルートエージェントでは一般公開している求人の他、企業戦略上一般公開できない重要求人など、10万件以上の非公開求人を取り揃えています。

外資系企業や日経グローバル企業の案件が多く、各業界・各業種に精通したキャリアアドバイザーから希望やスキルに沿った求人の紹介を受けられます。

グローバル企業で税務・会計の知識を活かしたい方にオススメです!

リクルートエージェント

 

 

スカウト登録するだけで企業側からアプローチを受けられる【リクナビNEXT】

職務経歴や希望条件を登録しておくだけで、幅広い業種において圧倒的な求人数を誇る「リクナビ」の提携企業からアプローチを受けることができます。

登録さえしておけば、その後は何もしなくても企業側から声を掛けてもらえるため、自分の可能性を広げるきっかけになります。

税務・会計の知識はどの業界でも必要とされるため、予想外だった業界の優良企業からオファーが届くかもしれません。

今は転職の意向は低いけど、もし良い企業からのアプローチがあれば転職を考えてもいいという方にオススメです!

リクナビNEXT

スポンサーリンク
その隙間時間、もったいないと思いませんか?
アプリ使用イメージ

通勤・通学中などの隙間時間は、有効に使えていますか?1日にしたらたった数十分程度の時間でも、塵も積もれば山となって膨大な時間となります。もし1日30分の隙間時間があったとしたら、1年に換算すると182.5時間になります。これだけの時間を有効活用することができたら、非常に大きなアドバンテージとなります。

消費税法一問一答アプリでは、隙間時間を有効活用して消費税の課否判定のトレーニングができるのはもちろん、アプリケーションプログラムを利用して短時間で多くの問題を解くことができるため、紙ベースの問題集よりもはるかに高い効率性で消費税の学習ができます!

おすすめ記事