練習モード

『練習モード』では、全問題のうち問題の種類ごとに難易度・チェックマークの個数を選択し、苦手論点を繰り返し復習することができます。

出題範囲を細かく指定できるため、学習状況に合わせた効率的なトレーニングが可能になります。

 

出題範囲の指定

「収入・支出項目」か「支出・費用項目」ごとにそれぞれ解きたい問題の難易度を選択します。

さらに、チェックマークをつけた個数で出題範囲を絞ることができます。

「すべて選択」をタップすると、難易度・チェックマークすべての欄が選択されます。

 

練習問題

「練習開始」をタップすると問題が開始されます。

問題は選択した範囲の中からランダムに出題されます。

問題の解き進め方は『無敵モード』と同じです。

完璧に解けるようになるまで何度も繰り返し復習ができます。

その隙間時間、もったいないと思いませんか?
アプリ使用イメージ

通勤・通学中などの隙間時間は、有効に使えていますか?1日にしたらたった数十分程度の時間でも、塵も積もれば山となって膨大な時間となります。もし1日30分の隙間時間があったとしたら、1年に換算すると182.5時間になります。これだけの時間を有効活用することができたら、非常に大きなアドバンテージとなります。

消費税法一問一答アプリでは、隙間時間を有効活用して消費税の課否判定のトレーニングができるのはもちろん、アプリケーションプログラムを利用して短時間で多くの問題を解くことができるため、紙ベースの問題集よりもはるかに高い効率性で消費税の学習ができます!