iOS端末で正常に動作しない場合

iOS端末で突然アプリがクラッシュする、開かない、反応しない、または正常に動作しなくなる不具合が発生した場合は、以下のいずれかの対処法により問題が解決することがあります。

アプリを強制終了する

アプリが反応しなくなった場合には、アプリを強制終了し再度起動することで問題が解決されることがあります。

アプリを強制終了する方法は、Apple公式ホームページからご確認ください。

端末を再起動する

端末を再起動すると動作が最初から開始され、それだけで問題が解決することがあります。

iOS端末の再起動の方法は、Apple公式ページからご確認ください。

iOSを最新のものにアップデートする

iOSが推奨バージョンでない場合、アプリが正常に動作しない場合があります。

iOSバージョンを最新のものにアップデートすると、問題が解決することがあります。

iOSバージョンを最新のものにアップデートする方法は、Apple公式ページからご確認ください。

 

アプリを最新バージョンにアップデートする

アプリのアップデートを適用して機能を改善すると、問題が解決することがあります。

アプリのアップデートを確認し、適用する方法は次のとおりです。

アプリを最新版にアップデートする方法
  1. 「AppStore」アプリを起動します。
  2. 画面下の「アップデート」タブをタップします。
  3. アプリ情報の右端の「アップデート」をタップします。(すでに最新版にアップデートされている場合は「開く」と表示されます。)

 

ストレージの領域を解放する

端末の内部ストレージが完全に満杯かほぼ満杯になっていると、問題が発生することがあります。端末が正常に動作するのに必要な空き容量を確保するには、不要なファイルを削除し、キャッシュされたデータを消去します。

端末のストレージの使用状況は、次の手順で確認できます。

ストレージの使用状況の確認方法
  1. 「設定」 アプリ起動します。
  2. 「一般」 をタップします。
  3. 「iPhoneストレージ」(または「iPadストレージ」)をタップします。
  4. ストレージの空き容量を確認し、空き容量が少ない場合にはアプリが正常に動作しないことがありますので、不要なデータを消去して端末の空き容量を増やしてください。

 

他のアプリを終了させる。

同時に多数のアプリを起動している場合は、アプリが正常に動作しないことがあります。

いったんすべて終了させたうえでアプリを起動させてください。

なお、起動中の他のアプリを終了させる方法は、Apple公式ホームページからご確認ください。

 

Appのバックグラウンド更新をオフにする

iOS端末に多数のアプリをインストールし、Appのバックグラウンド更新が行われている場合、アプリが正常に動作しないことがあります。

不要なアプリのバックグラウンド更新をオフにし、メモリの負荷を軽減させることによって問題が解決されることがあります。

Appのバックグラウンド更新をオフにする方法は、以下のとおりです。

Appのバックグラウンド更新をオフにする方法
  1. 「設定」 アプリ起動します。
  2. 「一般」 をタップします。
  3. 「Appのバックグラウンド更新」をタップします。
  4. 更新が不要なアプリについてオフにします。

 

上記のいずれの方法を試みても解決されない場合は、端末の老朽化等が原因と考えられますので、恐れ入りますが、端末を修理するか機種変更をされたあとで再度インストールをしてください。