問題の難易度

消費税法 無敵の一問一答の難易度

『消費税法 無敵の一問一答』の問題の難易度は、「基礎レベル」「応用レベル」「発展レベル」「研究レベル」の4段階に分かれています。それぞれの難易度設定は、以下のようになっています。

基礎レベル」・・・重要度の高い基本的な判断能力を要する問題
応用レベル」・・・基礎を踏まえた上での応用的な判断能力を要する問題
発展レベル」・・・複雑な取引に対処する能力や判例・通達等の専門的知識を要する問題
研究レベル」・・・消費税の研究を深める高度な内容の問題

『消費税法 無敵の一問一答』は、主に税理士試験受験生などの消費税の専門家を目指している方向けに作られています。

目安としては、基礎レベル」「応用レベルは完璧に解けるようになり、発展レベルの問題が半分程度解ければ税理士試験(消費税法)は合格ボーダーラインです。

 

消費税法 基本の一問一答の難易度

『消費税法 基本の一問一答』の難易度「必須レベル」「基礎レベル」「応用レベル」の3段階に分かれています。それぞれの難易度設定は、以下のようになっています。

必須レベル」・・・課税の対象の4要件や取引分類の考え方の土台となる問題
基礎レベル」・・・確実に押さえておきたい消費税の体系的な理解を問う問題
応用レベル」・・・できれば押さえておきたいやや専門的な知識を問う問題

『消費税法 基本の一問一答』に収録されている問題は、ほぼ全部が『消費税法 無敵の一問一答』基礎レベルで出題されている問題です。

「必須レベル」では「収入・収益項目」の問題のみ出題されます。

目安としては、必須レベル」「基礎レベルは完璧に解けるようになり、応用レベルの問題が半分程度解ければ公認会計士試験(租税法)及びFP技能士1級(タックス・プランニング)は合格ボーダーラインです。

その隙間時間、もったいないと思いませんか?
アプリ使用イメージ

通勤・通学中などの隙間時間は、有効に使えていますか?1日にしたらたった数十分程度の時間でも、塵も積もれば山となって膨大な時間となります。もし1日30分の隙間時間があったとしたら、1年に換算すると182.5時間になります。これだけの時間を有効活用することができたら、非常に大きなアドバンテージとなります。

消費税法一問一答アプリでは、隙間時間を有効活用して消費税の課否判定のトレーニングができるのはもちろん、アプリケーションプログラムを利用して短時間で多くの問題を解くことができるため、紙ベースの問題集よりもはるかに高い効率性で消費税の学習ができます!