前回の記事では、軽減税率の適用判定フローチャートをご紹介しました。

軽減税率は制度そのものが複雑なので、なるべく簡潔にまとめようと思ってもどうしても複雑になってしまいます。

そこで、今回は、「いちいちこんなの覚えてられっか!」という方向けに、日常生活で役に立つ頻度の高そうな部分だけ厳選して、3秒で覚えられるような超簡略化バージョンのフローチャートを作成いたしました。

 

スポンサーリンク

軽減税率の適用判定フローチャート(超簡略化バージョン)

購入する商品が、消費税の軽減税率の適用対象となるかどうかは、以下のフローチャートで概ね判定できます。

軽減税率の適用判定フローチャート(超簡略バージョン) - コピー

超簡略化バージョンなので正確ではありませんが、日常生活の98%くらいはこのフローチャートで税率が判定できるでしょう。

 

まとめ

「食べれないもの」「お酒」「イートイン」は消費税10%、それ以外は軽減税率8%と覚えておけば、日常生活で購入するほとんどのものの税率が判定できるかと思います。

もう少し詳しく知りたいという方は、以下の記事をご覧ください。

 

スポンサーリンク
その隙間時間、もったいないと思いませんか?
アプリ使用イメージ

通勤・通学中などの隙間時間は、有効に使えていますか?1日にしたらたった数十分程度の時間でも、塵も積もれば山となって膨大な時間となります。もし1日30分の隙間時間があったとしたら、1年に換算すると182.5時間になります。これだけの時間を有効活用することができたら、非常に大きなアドバンテージとなります。

消費税法一問一答アプリでは、隙間時間を有効活用して消費税の課否判定のトレーニングができるのはもちろん、アプリケーションプログラムを利用して短時間で多くの問題を解くことができるため、紙ベースの問題集よりもはるかに高い効率性で消費税の学習ができます!

おすすめ記事