有価証券の購入手数料は、消費税法上課税仕入れとなります。

ただし、個別対応方式により控除対象仕入税額を計算する場合の有価証券の購入手数料や投資顧問料などの区分は、その有価証券の保有目的に応じてそれぞれ異なるため注意が必要です。

今回は、有価証券の保有目的ごとの購入・売却時の手数料の個別対応方式の区分についてまとめました。

 

スポンサーリンク

有価証券の区分

企業会計上、有価証券に対する投資活動の成果は「保有目的」によって異なると考えられるため、有価証券は以下の4種類に分類されます。

① 売買目的有価証券
② 満期保有目的債券
③ 子会社株式・関連会社株式
④ その他有価証券

消費税法上は、有価証券について上記のような分類を行う必要はありませんが、有価証券の購入手数料や投資顧問料などの課税仕入れに係る個別対応方式における区分を考える上では、保有目的に応じてそれぞれ異なる処理を行うこととなります。

 

売却時の手数料は保有目的に関係なく非課税売上対応

有価証券を売却するためにかかった手数料は、有価証券の保有目的に関係なくすべて非課税取引とされる「有価証券の譲渡」に係る非課税売上げに対応する課税仕入れとなるため、「非課税売上対応課税仕入れ」に区分されます。

(参考)国外に所在する有価証券を売却する場合

国外に所在する有価証券を売却する場合は、消費税法第6条《国内取引の非課税》の規定の適用は受けないことから課税資産の譲渡等に該当します。

したがって、国外に所在する有価証券を売却するためにかかった売却手数料は「課税売上対応課税仕入れ」に区分されます。

国外に所在する資産を譲渡するために要した費用に係る課税仕入れ区分の考え方については、詳しくは以下の記事をご覧ください。

(参考)自己株式の取得の場合

発行法人が自己株式を取得するために行われた有価証券の譲渡にかかる手数料は、不課税取引に係る手数料であるため「共通対応課税仕入れ」に区分されることに注意しましょう。

自己株式の取得があった場合の消費税の取り扱いに、詳しくは次の記事で解説しています。

 

スポンサーリンク

売買目的有価証券の購入手数料等の区分

「売買目的有価証券」とは、時価の変動により利益を得ることを目的として保有する有価証券のことをいいます。

つまり、「売買目的有価証券」については、短期間で売却する目的で購入するものであるため、その購入手数料や投資顧問料などは「有価証券の譲渡」に係る非課税売上げに対応する課税仕入となるため、「非課税売上対応課税仕入れ」に区分されます。

(参考)国外に所在する有価証券を売却する場合

国外に所在する有価証券を売却する場合は、消費税法第6条《国内取引の非課税》の規定の適用は受けないことから課税資産の譲渡等に該当します。

したがって、国外に所在する有価証券を購入・運用するためにかかった購入手数料や投資顧問料は「課税売上対応課税仕入れ」に区分されます。

国外に所在する資産を譲渡するために要した費用に係る課税仕入れ区分の考え方については、詳しくは次の記事をご覧ください。

 

満期保有目的債券の購入手数料等の区分

「満期保有目的債券」とは、満期まで所有する意図をもって保有する債券のことをいい、主に国債や社債などが「満期保有目的債券」に該当します。

つまり、「満期保有目的債券」については、他者に売却することを予定せず、利息及び償還差益を得るために購入するものであるため、その購入手数料や投資顧問料などは「利子を対価とする金銭の貸付」に係る非課税売上げに対応する課税仕入となるため、「非課税売上対応課税仕入れ」に区分されます。

(参考)外国債や外国法人の社債の場合

外国債や外国法人が発行する社債に係る利息や償還差益を得る場合は、消費税法第31条《非課税資産の輸出等を行った場合の仕入れに係る消費税額の控除の特例》の規定により、これらは免税売上げとみなされます。

したがって、外国債や非居住者である外国法人が発行する社債を購入・運用するためにかかった購入手数料や投資顧問料は「課税売上対応課税仕入れ」に区分されます。

非課税資産の輸出を行った場合の消費税法上の取扱いについては、詳しくは次の記事をご覧ください。

 

子会社株式・関連会社株式・その他有価証券の購入手数料等の区分

子会社株式・関連会社株式・その他有価証券については、売却することや利息などを得ることを目的に保有するものではなく、業務提携や子会社化などの組織再編成などのために保有するものであるため、その購入手数料や投資顧問料については、明確に対応する売上げがありません。

したがって、子会社株式・関連会社株式・その他有価証券を購入・運用するためにかかった購入手数料や投資顧問料は、目的が投資ではなく株式保有を通じた関係維持にあることが明らかであれば「共通対応課税仕入れ」に区分されます。

この場合、業務提携の事情や状況等について契約書や公表資料等で明確にしておくなど、後日検証可能な状態にしておく事が重要となります。

有価証券は、業務提携や子会社化などの組織再編成などのために保有するものであっても、盛者必衰、諸行無常、最終的にいつかは売却することになるものなので、上記のように検証可能な状態にしていない場合は、税務調査において「非課税売上対応でしょ!」と否認されてしまうおそれがあるため注意しましょう。

 

まとめ

有価証券の売却・購入時の手数料等についての課税仕入れの区分をまとめると、次のようになります。

[売却手数料など売却時に発生する費用]
保有目的にかかわらず非課税売上対応(ただし、自己株式の取得に係る売却手数料は共通対応、国外に所在する有価証券の売却手数料は課税売上対応)
 
[購入手数料・投資顧問料など購入時・運用時に発生する費用]
① 売買目的有価証券の場合
 非課税売上対応(ただし、国外に所在する有価証券の購入手数料等は課税売上対応)
② 満期保有目的債券の場合
 非課税売上対応(ただし、外国債や外国法人の社債の購入手数料等は課税売上対応)
 
③ 子会社株式・関連会社株式・その他有価証券の場合
 共通対応(ただし、目的が投資ではなく株式保有を通じた関係維持にあることが明らかでない場合は非課税売上対応)

 

関連するアプリの問題

消費税法 無敵の一問一答

問題番号 タイトル
805 外国法人の発行する社債に係る手数料
834 証券会社に支払った投資顧問料
839 外債運用をしている投資信託の投資顧問料
952 内国法人株式の売却手数料
953 国外に所在する外国法人株式の売却手数料

消費税法 基本の一問一答

問題番号 タイトル
271 証券会社に支払った投資顧問料
313 内国法人株式の売却手数料

 

スポンサーリンク
その隙間時間、もったいないと思いませんか?
アプリ使用イメージ

通勤・通学中などの隙間時間は、有効に使えていますか?1日にしたらたった数十分程度の時間でも、塵も積もれば山となって膨大な時間となります。もし1日30分の隙間時間があったとしたら、1年に換算すると182.5時間になります。これだけの時間を有効活用することができたら、非常に大きなアドバンテージとなります。

消費税法一問一答アプリでは、隙間時間を有効活用して消費税の課否判定のトレーニングができるのはもちろん、アプリケーションプログラムを利用して短時間で多くの問題を解くことができるため、紙ベースの問題集よりもはるかに高い効率性で消費税の学習ができます!

おすすめ記事